電子書籍 第3弾 山下海『群像 -辺境に生きる人々-』発売

 

小学館スクウェア写真事業部が新規事業として開始した電子書籍レーベル「square art stand」より、第3弾の電子書籍として山下海『群像 -辺境に生きる人々-』が2月14日(金)に配信されました。

 

配信を行うのは小学館スクウェア写真事業部に所属する現役スタッフやOBOGを予定しており、今回は東南アジア約10ヶ国で辺境の地を旅した山下の写真集を配信しました。

 

総合大型書店から専門ジャンルに特化した中小の書店まで、10社以上の電子書籍サイトにて取り扱いがございます。

ぜひ下記より詳細をご覧ください!

 

 

書籍購入はこちらから

 

Kindleストア

紀伊国屋書店

honto

楽天kobo

Google play

ibooks

 

内容紹介

 

東南アジアの東は台湾、西はインドまで約10ヶ国の少数民族、辺境に住む人々を2年間かけて撮影したポートレート作品。

撮影においては可能な限り都市部から離れ、隔絶された村・集落を選択し、その土地元来の文化が残っている場所を訪れるよう意識した。

 

全ての被写体との距離感、画角、撮り方を固定することによってその人々の住環境、暮らし、衣服、日常品、はたまた肌の色や顔、民族性の違い、あるいは共通点を探ることを目的として制作した。

 

著者・著者プロフィール

 

山下 海(Yamashita Kai)

 

1988年佐賀県出身。

E-mail: pfw09.yamashita@gmail.com

 

高校時代に沢木耕太郎の『深夜特急』を読みふけり、海外の文化・歴史に大いに興味を持つ。2008年福岡大学人文学部歴史学科入学。在学中に写真にも興味を抱くようになり、大学卒業後、日本写真芸術専門学校フォトフィールドワークゼミに入学する。

学生時代に6ヶ月かけて東南アジア10ヶ国の辺境の地を旅し、少数民族等の暮らしに触れながら撮影を行う。専門学校卒業後、マレーシア留学を経て、2016年小学館スクウェア写真事業部に入社。

2020年2月よりクアラルンプール在住

 

受賞・展示歴

 

2014年 ピクトリコフォトコンテスト 2013 2014〈自由部門〉秀作 「あしあと」
2016年 新宿コニカミノルタプラザ フォトプレミオ2016 「群像 -辺境に生きる人々-」
2017年 WONDER FOTO DAY 台北国際撮影交流展出展