小学館スクウェアの「自分だけの一冊」
ビジュアルブックシリーズ

思い出の写真や絵、文章をまとめたい。
自分一人で眺めて楽しみたい。
そして親しい人、ほんとうに自分のことを解ってくれる人だけに読んでもらいたい──
そんな〈少部数〉の本を作りませんか?





このシリーズは、本を作って世に問うといった自費出版とは違います。
自分の大切なものを、他人に見せびらかすのではなく、
むしろ自分で存分に悦に入るための一冊。
一人の世界に浸って、どこまでもニヤニヤと楽しめる一冊。
ですので書店での販売はお受けしておりません。
いちばん大事なことは、自分がいかに満足できる一冊か、
宝物と呼んでも良い仕上がりになっているかどうかです。
このシリーズでは、そんな本作りを提案いたします。
あなただけのわがままな本作りを、最新のデジタル印刷技術を使って、
小学館で長年雑誌や書籍を作ってきたプロの編集者がお手伝いいたします。










小学館スクウェアの「自分だけの一冊」ビジュアルブックシリーズ

お作りできる判型は、3 種類の中からお選びいただけます。




シンボルマークに込めた想い
本の下に配した“RIDES, CAEPA CIRRATA”とは、ラテン語で、「ニヤニヤする」という意味。
本を手にした著者が、一人ニヤニヤと悦に入る様子を、この言葉に込めました。