9

ある犯罪社会学・社会病理学研究者の人生行路

――時代と成育と背後仮説――

本書は、「快食 快眠 快便 これさえあれば 人生 うはうは」を座右の銘としている著者が、自分の学問の背後に何があるかを探ることをテーマに、自身の幼少期から研究者になるまでの道のりを、飾ることなく記した自分史である。

  • 著者:矢島正見
  • 四六判・並製
  • 本文344ページ
  • 定価:本体価格1,500円+税
  • ISBN978-4-7979-8129-2
  • 2022年1月発売
ご購入はこちら

プライバシーステントメント