書籍案内

書籍詳細

花心

流派を離れて花と向き合う、華道家「河村敦子」珠玉の写真集! 花は野にあるように―。千利休が弟子に贈ったこの言葉には「自然そのままに」という意味ともうひとつ、野に咲く一輪の花にも、自然から与えられた命の尊さがあるという深い意味が込められている。華道と出合って50年。著者は、この言葉に支えられ、毎日、花を活け続けてきた。そんな中、北海道「花」行脚は、大自然の中に花を活けることで、自分自身と向き合う貴重な体験だった。作品からは、命の尊さを訴える名もない花たちの声が聞こえるようだ。表題の「花心」は、自分の思いを花に託して活け、切り取った花や木の命に対する恩返しという気持ちが込められている。120作品を収載。

購入はこちら

著者:河村敦子

A4判・上製

本文132ページ

定価:本体価格4,700円+税

ISBN 978-4-7979-8562-7

2010年12月発売

書籍案内トップヘ戻る